葵的道楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャンプフェスタ2009:12/21 ウィーアー!スパーキング!(東映アニメーション)

<<   作成日時 : 2008/12/22 20:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 ショウワノートを早々に終わらせ、
 どうしても、それなりにいい位置で見たかった
 東映ブースへ直行!!
 だって…

 古川登志夫ですよ?!

 前日から飽きるほど見ている
 着ぐるみショーをまたもおとなしく見ながらも、
 立ち見だけど、結構いいポジションが取れました

 このステージ11:30〜だったんですが、前の回が着ぐるみショーで、
 着ぐるみウソップがそのまま残った状態ではじまりました!!

 司会のお姉さんの紹介で、
 田中真弓が登場!!
 
 そして

 古川登志夫が!!

 本物に感動しつつ、
 ステージ上のウソップと絡む
 田中真弓&古川登志夫。

 『これ、録音でしょ〜』と言う田中真弓に
 『さっき、裏であったじゃん!』と勝平。
 えぇ、録音ではなしに、
 裏から生で声をあてております。
 
 映像なんて見えてるとは思えないんですが
 なんか息がぴったりあってて面白かったです。
 裏にもモニターがあったのかしら?

 勝平の登場を二人して引き伸ばしていましたが、
 いよいよご本人登場!!
 
 BGMが…BGMが…

 そげキングの歌!!

 まさか、生で聞けると思っていなかった私は
 大興奮でございます!!
 しかも
 『まだやるの?!
 と止まらないBGMにうったえつつも
 結局

 フルコーラス聞けました

 ありがとう、東映!!
 私はこの歌大好きです。
 でも、
 『朝からはきついんだよ
 と勝平は少々お疲れでした。

 いよいよトークです。

 まずは
 『ワンピースの名場面
 アラバスタだったのは、映画のせいか?

 勝平チョイスは

 カンフージュゴンに負けるウソップ

 と
 砂塵まみれの広場の前で
 
 コーザとすれ違うビビ

 そして

 ペルと対面するビビ

 をあげていました。
 次の田中真弓は、
 ビビを姫抱っこしてルフィが

 俺たちには届いている! 

 というあのシーン。
 ビビが『私の声はもう誰にも届かない』と打ちひしがれてるときの…。

 そして、古川登志夫は、

 エースが飯に顔埋めて寝るシーン

 と

 メリー号で乾杯するシーン

 をあげていました。
 前者のシーンでは
 『ルフィの兄ちゃんだなと思った』という勝平と田中真弓。
 でも、
 後者のシーンでは
 『意外と常識人』と勝平。
 エースがルフィをよろしく頼むと言ったのに感動したらしい。

 アラバスタの話では、
 まつげの声が山口勝平(粗忽屋東品川支店)という話から、
 粗忽屋の話になったんですが、
 まつげを見た古川登志夫が

 俺、これやりたい

 と、しきりに言っていたのが気になりました。
 何をそんなに気に入ったのさ!!
 
 アラバスタでは蟹の声を平田広明(粗忽屋本店)をやっていて、
 このときに平田広明が“クレジットで2回も名前を流したくない
 ということで、粗忽屋という名前が生まれたそうです。
 なので、平田広明が本店。
 ちなみに劇場版ではこの蟹を
 青野武がやっていたそうで、
 『もったいない!』と勝平。
 私もそう思います。

 次はドラゴンボールの話。
 やはり名場面を聞かれ

 勝平は、

 神龍の初登場シーン! 

 なんでも
 『鳥山先生の描く龍がすごくかっこいいんです!

 あと、悟空がラディッツを羽交い絞めにし、
 そこにピッコロが魔貫光殺砲を放つシーン。
 をあげていました。

 田中真弓は
 
 クリリンが初めて死ぬシーン

 奥が深いですよね。
 死ぬって1回きりのはずなのに、
 『初めて死ぬシーン』ですよ?

 クリリンは何回も死んで生き返ってるからなぁ…。
 
 地球人の中で一番強いクリリンのポジションと
 ワンピースでのウソップのポジションは似ているという話もしていました。
 田中真弓は
 『結婚するなら、こういうタイプがいいよね!
  家庭を顧みてくれるひと!!

 と言ってました。

 成長という意味で、
 アラバスタでウソップは成長した話もしていました。
 『仲間の夢を笑われたときだ!
 と言う言葉には感動したと勝平。

 で!!
 古川登志夫ですよ!!
 さすがな選択です…。

 ナッパ戦にて

 悟飯をかばって死ぬシーン!


 あぁ…いいシーンだ。
 しかもここで、古川登志夫自ら、
 『ちょっとやってみましょうか?
 と…。

 お前と過ごした1年間

  悪くなかったぜ…

  死ぬなよ、悟飯


 というのを生で!!
 生でやってくれたんですよ!!
 あわわ。
 
 あまりの嬉しさに声にならず、
 一生懸命拍手を送りました。私。

 あっれは一生もんの思い出として
 脳内に焼き付けておきたい!!

 さすが古川登志夫です!!
 もう感激です。

 ピッコロ大好きな私にはたまりません!!
 あ〜誰かこの感動・感激を分かち合える人はいないものか…。
 
 涙でそうなぐらい嬉しい出来事でした!!!

 東映ということもあってアラレちゃんとコラボした話も出てきて、
 古川登志夫が、
 空豆タロウの役だったのは覚えてましたが、
 太陽の役もそうだったそうです!!
 『“朝だー”しかいわないんですけどね』
 って言ってましたが。

 何役もしていたということで、
 ドラゴンボールでは
 レッドリボン軍のブルーもあげられていて
 『初めてやったオカマの役
 とおっしゃっていました。

 田中真弓はスノの役を。
 そしたら勝平が
 『女の子の役って珍しいですね!
 と言うと
 『そうなのよ!
 と返していました。
 受け入れちゃうんだ(笑)

 こんな感じでした。
 もう、生ピッコロさんに感動しまくりました…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ジャンプフェスタ2009:12/21 ウィーアー!スパーキング!(東映アニメーション) 葵的道楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる