葵的道楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ルーブル美術館展―17世紀ヨーロッパの絵画―』in国立西洋美術館

<<   作成日時 : 2009/05/05 18:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 どーーーしても行きたかったルーブル美術館展!!
 行ってきました。
 こっちは80分待ち…
 でも昼時だったからか、
 40分強で入れた気がします。

画像


 見たことある絵はいくつかあったんですが、
 作者名までは覚えきれない私…。

 そして人が多すぎて近くで見れないもどかしさ…。
 
 とりあえず
 『ん?この絵は近くで見たい!!』
 と思った絵だけは近づいて見ました。

 なので割と早々に出てきてしまった感があります… 

 入ってまずビックリしたのが

 マリー・ド・メディシスの肖像

 フランス・プルビュスという人の絵なんですが、
 まず大きさにビックリ。
 大きいんだ、この絵。

 にもかかわらず、ドレスの模様の陰影とか
 宝飾品の細かさにうっとりしてしまいます…。
 これ描くの大変だったろうな…。

 そして権力の象徴って感じでした。
 
 同じフロアにあった

 金色の花瓶に活けられた花束と

  ルイ14世の胸像


 こちらは、
 ジャン・ブラン・ド・フォントネイという人の作品なんですが、
 ルイ14世の金ぴかの胸像もさることながら、
 花がですね、
 あふれんばかりに活けられていて、
 それでいて絵なのに妙にリアルでした
 
 移動していくうちに目に留まったのが

 風景の見える石のアーチの中に

  置かれた花束


 というアンブロシウス・ボスハールトの絵。
 何かすごい好きなんですよ。
 こういう絵。
 花にとまった虫とかも含めて。

 石窓(なのかしら?)に花を置くのって
 そんな珍しいことじゃないと思うんですが、
 それを描こうと思ったのがすごいいいセンスだなと思います。
 何気ない日常の1コマみたいな…。

 あとビックリしたのは
 『レースを編む女』(ヨハネス・フェルメール)が
 結構なミニマムっぷりだったこと…。
 本物ってあんなに小さいのね…。

 絵の大きさなんて見なきゃわかんないですからね。
 意外でした。

 全部の感想を述べるわけにはいきませんが、
 『ブリュッセルのブルゴーニュ公旧城』(ヤン・ファン・デル・ヘイデン)
 の空の部分はとっても好き。
 
 不思議な絵だな〜と思ったのは
 『アンドロメダを救うペルセウス』(ヨアヒム・ウテワール)
 神話はもちろん知ってはいますが、
 なんだか不思議な絵でした。
 どこがというのを上手くいえませんが…。

 『キリストの受難』(フランス・フランケン)も
 上手くいえませんが面白い絵だった。
 真ん中に大きく描かれているのは
 キリストが磔になってるシーンなんですが、
 その周りを囲んでいるストーリー性をおびた絵が
 面白いと思った…のかな?
 (疑問文!?)

 そして、
 今回見た中で
 一番好きな絵が

画像


 ↑『天国の栄光
  (ミシェル・コルネイユ)です。
  円形に描かれているこの絵がとてもいいなと思いました。
  描き方もすごい好き

  あ、写真はカタログに載ってたものを撮影しました
  (なので見にくいと思われます。一応クリックすると大きくはなりますが)

画像


 ↑こちらのカタログを買うために、
  阿修羅展は我慢しました…。
  

 私は絵の事だけではなくて
 芸術方面のことはさっぱり…
 それこそチンプンカンプンなので、
 自分の思う『いい作品』です。
 
 言い訳ではないですが、
 それでいいと思っています。
 
 『いいものはいい!!』
 と。

 別に評論家じゃないし。
 
 静物画とかリアルでした。
 結構好きです。静物画も。

 今日は芸術を堪能してきました。
 たまには美しいものを見なければ…。
 
 今年は
 『せっかく東京にいっるんだから!!』
 と思って行動してますよ〜

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
どうも、初めまして。
おじゃまします。
私も日曜日に見に行こうかと思っているんですが、80分待ちですか!?
それは凄い人出ですね。
ん〜・・・悩みます。
玻璃
2009/05/05 22:42
>玻璃様
初めまして。
コメントありがとうございます。
私は上野に10:00過ぎに着いたんですが、
すでに30分待ちでした…。
で、12:00前に並んだときは、係りの人が80分待ちのプラカードを持ってました。
ただ、昼時だったからか、実際は(40分強とかいてますが)1時間も待たずに入れましたよ。日曜日に行った会社の先輩が何時ごろ行ったかは分かりませんが、やはり待ったと言っていました。
開場と同時ならそんなに待たずに入れるのかもしれません…。

2009/05/05 23:29
詳しい情報をどうもありがとうございます!
多少待つのは仕方ないとして、やっぱり行くからには早めの時間が良さそうですね。
10時目標で行ってみます♪
玻璃
2009/05/06 09:46
>玻璃様
再来店ありがとうございます!
早めのほうが待ち時間は少なそうです。
額縁とかもきれいなので楽しんできてください!!

2009/05/06 14:53
『ルーブル美術館展―17世紀ヨーロッパの絵画―』in国立西洋美術館 葵的道楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる