葵的道楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『PLUTO』8巻(最終巻):浦沢直樹

<<   作成日時 : 2009/06/23 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 正直、浦沢直樹作品は、
 『YAWARA』しか最後まで読んだものはありません。
 『モンスター』は雑誌で読んでたけど、
 途中とばしてたし…。

 なので私が最後まで読み切れたということは、
 熱心な浦沢ファンや、
 既存の浦沢作品のファンの方は、
 毛色が違って好きになれないかもしれません。

 あと、私は手塚治虫がわりと好きってのもあるかも。

画像


 豪華版、¥1700もとられて、
 何がついてるのかと思えば、
 63話と64話が別なだけなのね…。

 あのテディベアみたいなロボットが
 手塚治虫のほうの
 プルートゥやらを作ったロボット科学者の役目なのかな?

 どっちも最初から読まねば…。

 とりあえず、
 浦沢直樹は描き方が優しいなと思いました。
 最後のお茶の水博士の言葉は、
 手塚版をそのまま引用するかと思っていたのに…。

 しかも、ブラウ1589、
 クマのぬいぐるみロボットを
 機能停止させたっぽいしな〜。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
浦沢直樹版「鉄腕アトム」ついに完結
浦沢直樹がビックオリジナルで連載していた「PLUTO」がついに完結。最終巻8巻が現在発売中です。手塚治虫の『鉄腕アトム』に含まれる「地上最大のロボット」の回をモチーフに浦沢流のアレンジが加えられ、完全に浦沢作品となっています。特に、アトムを始め各ロボットを人間とまったく同じ様にしたキャラクター設定は好きですね。最初はアトムが出てこなかったので、どんなデザインで出てくるかわくわくしながら登場を待ったもので... ...続きを見る
中年サラリーマンお父さんの日記
2010/02/04 23:21
『PLUTO』8巻(最終巻):浦沢直樹 葵的道楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる