葵的道楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ザ・ダイバー 日本バージョン』

<<   作成日時 : 2009/08/22 23:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 行ってきました!
 観て来ました!!
 東京芸術劇場ってキレイなとこですね。

 最前列の一番端(椅子が追加されてて端から二番目でしたが)
 だったわけで…

 首がイテェ!!!

 首が回らないとはこのことか!!(違うっ!!)
 
 そんな感じで
 首が痛いわけですが、
 久々にナマの舞台は

 楽しかったです

 大竹しのぶは、やっぱり凄い女優さんなんだなと思いました…。
 何人格分演ったのか…。
 スイッチの切り替わりが半端なくて、
 観に行ってよかったなと思いました。

 野田秀樹の奥さんはキモ…いや衝撃的でしたが。
 渡辺いっけいに向かって
 『暑苦しい…』とボソッと言ったのはアドリブかな〜。
 目の前で言われたので
 笑ってしまった。
 
 渡辺いっけいも凄いなと思って見てました。
 扇子をキャッチするとこで
 ちょっと危なかったんですが、
 キャッチするとこがさすがだな〜と思いました。

 4人の役者さんと
 最小限の小道具と
 音楽で

 想像力を試されている気がしました

 自分の中でイメージを膨らませつつ
 観てました。
 一生懸命。
 
 そう、一生懸命引き込まれ、
 時に笑い、
 時にビクっとなり(スピーカーが近かったので。音が…。)
 観ていたんですが…

 北村有起哉がっ!!!

 テレビ以上に男前っ!!

 しかもスーツ&ヒゲ!!


 ヒゲは付けてんだと思いますが、
 意外に似合う…
 しかも、髪はオールバック風にしてるし…。

 スーツ&眼鏡&ヒゲとかっ!!
 恋心を刺激されます。(アホ)

 もう、北村有起哉が目の前に来るたびに
 緊張してしまって、
 観たいけど直視できない状態に陥り、
 気が散りました…。
 いや、うん。私が悪い…。

 舞台の中心では、
 大竹しのぶと野田秀樹がなんかしゃべってて
 そっち観なきゃとか思いつつも、
 電話をしている北村有起哉の後姿を見ながら
 (後ろ向いてたんですよ)

 手、キレイだな〜

 とかトリップしちゃって
 我に返ったりしてました…。

 目の前を遮るものがないというのが
 こんなにも我を忘れさせるとは…(違っ!!)

 思ってた以上にラストが救いようなくて
 面食らいましたが、
 いいものを観たと思います。

 最後、挨拶(といっても頭を下げていっただけですが)
 2回出てきて
 大竹しのぶと北村有起哉が腕組んでて
 (1回目は手を繋いでた)
 ちょっと羨ましく思いました。

 
 源氏物語、
 とりあえず“あさきゆめみし”で読んでいて良かったと思いました。

 野田秀樹が持っていた本、
 ちゃんと“源氏物語”って書いてあったな〜そういえば。

 たまには、舞台もいいな。
 
画像

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『ザ・ダイバー 日本バージョン』 葵的道楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる