葵的道楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『トリノ・エジプト展―イタリアが愛した美の遺産―』(東京都美術館)

<<   作成日時 : 2009/09/23 14:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 5連休中、
 ヲタクなことしかしてないというのも
 如何なものか…
 と思ったのと、
 今日を逃すと見に行けそうにない!!
 というのもあって、

 行ってきました!!!

 入場料は…

 へそくりから!!!

 しかも、
 通常当日券より\100高い

画像


 山岸涼子仕様!!!
 をアホなので購入しました…。

 一人暮らしでへそくりって…
 と思われるかもしれませんが、
 家計簿にも貯金用の口座にも含まないので
 そう呼んでいるだけです。
 そして最終手段…。

 ちなみに、チケットは両面で

画像


 裏は↑こんな感じです。
 まぁ『ツタンカーメン』読んだことないんですけど!!!

 
 そのツタンカーメンをどうしても見たくって
 朝、早く起きて行きました。上野まで。
 
 本当は7時に起きるつもりが
 8時過ぎにしか起きれなかったことは秘密です。

 それでも、10:30には美術館について、
 チケット買って入場。
 入口のところが特に混雑していましたが、
 別に急いでるわけじゃないし、
 ゆっくり観賞。

 1時間強いたんですが、
 出るころには、入場規制がかかってました。
 お昼前には行かないほうがいいかも?
 
 個人的に
 古代エジプトって好きなんですが、
 名前とか長くて覚えきらないし、
 特に知識もありません。

 展示品は新王国時代以降のもので、
 それって紀元前1550年も前の王朝なんですよ!!
 (クレオパトラ7世が死んだとされるのが紀元前30年ぐらいです)

 紀元前ですよ、紀元前!!!

 そんなむかーしのものが
 目の前にあるって
 
 ロマンを感じませんか?

 言葉は悪いですが、
 略奪してきたわりには、
 保存状態もよくって、
 見ごたえがありました。

 こんなにキレイに保存できるものなのか!!
 とね。
 きっと奪ったほうは、
 『うちがキレイに保管したからだ!』とか
 もっともらしいことを言うんでしょうね…。
 
 棺とか、蓋の裏側や、
 その中にも絵が描かれていて、
 凝ったつくりになってました。
 
 よく考えれば、
 人様の墓掘り起こしてるって、
 死者への冒涜なのでは…。

 少女のミイラをみたときには、
 
 まさか、親も

  数千年後に

  わが子が見世物になるとは

  思ってなかっただろうな


 と思ってしまいました。
 
 パピルスに書かれた『死者の書』なんか、
 2000年以上前のものとは思えないほど、
 キレイな状態で、
 (なんて書いてあるのかなんて分からないんですが)
 ただ感動。

 ライオン頭のセクメト女神とか、
 ライオンの持つ雄雄しさって
 昔から変わらないんだなー
 すごいなー
 とあったま悪い感想しか出てこないほど、
 素晴らしかった
 
 古代エジプトの人が
 彫ったり塗ったりしたものの
 細やかな出来栄えというのを
 堪能できてよかったです。

 そしてツタンカーメン。

画像


 私ですね…
 恥ずかしながら、
 座ってるほうがツタンカーメンだと思っていたんですよ。

 大きいほうが王様だろ?

 というすごーく安易な考えで。

 でもですね、

 立ってる

 小さいほうが

 ツタンカーメン!!!


 よく見たら、
 頭の飾りと言うのかなんていうのか…
 アレとか小さい方のが王様のものっぽいんですよね…。

 王のほうが小さいのは、
 アメン神への従属を意味しているそうです。
 
 神様を祀るってのも、
 大変なんだなー。

 たまには、
 こういう美しいものを見て
 ロマンを感じたりしたいものです。

画像


 図録とポストカードとストラップを購入してしまったので、
 とりあえず日曜日まで米がなくならないことを
 祈らなければ…。
 

 本当は、西洋美術館の
 古代ローマ展にも行きたかったんですが、
 そんなお財布事情であえなく断念
 でも、12月までやってるから、
 そのうちコッソリ見に行こうかな〜
 と思ってたりします。

 
 それにしても、
 ステキな時間を過ごせました。

 おばあちゃんにおされたり、
 おばちゃんにおされたり、
 カップルが微動だにしなくて邪魔だったり、
 子供が飛び出てきたり
 若干イライラしましたけど…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
『トリノ・エジプト展―イタリアが愛した美の遺産―』(東京都美術館) 葵的道楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる