葵的道楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『DVD&Blu-ray『空中ブランコ』発売記念“逆チョコバレンタイン”〜診察室より愛を込めて〜』

<<   作成日時 : 2010/02/13 23:08   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

 イベントへ行ってきました。
 場所は…

画像


 建築会館でした。
 田町で降りたのは初めてだなぁ…。

 鳥頭なので、あんまりちゃんとしたレポは
 書けませんが、
 頑張ってレポートをしたためようと思います。

 その前に…

 ○誤字脱字については、心の目で変換を

 ○ウチは敬称略!!!嫌なら今すぐUターン!!
 

 敬称略については、
 TOPにも書いているのでいい加減書きたくないんだけどなぁ・・・はぁ。

 あと、多少言葉が間違ってるかもしれません。
 ニュアンスで覚えてるとこもあるので…。言い訳ばかりでごめんなさいね。


 15時から座席抽選ということで、
 15時過ぎに到着。
 もう結構並んでました。

 引き当てたのは

 前から7列目右寄り 

 私にしては良い方です。
 真ん中よりやや前でした。
 200人ぐらいが当選していたらしいです。

 開場後、
 入口のところで

画像


 逆チョコをいただきました。

 ステージにあった椅子が
 2・3で別れていて、
 反対側が声優さんたちなんだなと察せられ、
 若干悲しくなりつつも、
 ちょうど対角線上だったので顔が見えるからいいやと
 気持ちを立て直したら、

 ななめ前のお姉ちゃんが

 座高高くて

 みきしんが見えない…
 


 という自体に陥り、
 体勢を変えつつみきしんを見てました。
 1番普通に見られたのは置鮎。
 お姉ちゃんの体勢しだいでは櫻井しか見えなくなることも…。

 顔自体は、肉眼でもはっきり分かったんですけどね…。

 みえにくさにげんなりでした。
 段差とかないので、後ろの人は見にくかったんじゃないかしら?

 みきしん目当てでみきしん見えないって…ぎゃふん。

 そうそう、
 行けなかった京さんのために櫻井孝宏のお召物を記憶してきました。

 赤いパーカーと

 グレーのインナーと

 グレーのパンツと

 柄の入ったブーツ(多分)


 足元は見えなくて、足を組んだりしたときにチラ見しただけです。
 京さん、すみません。

 あ、あとメガネ。

 三木眞一郎は、サングラスつけてた。
 置鮎龍太郎は、朱色の花柄シャツだった…。

 さて、イベント。
 17:35分ぐらいに開始。

 司会はお笑いの人で、 
 
 いらんかった………

 個人的にお笑いの人の司会って嫌いなんですよね…。
 うるさいし。
 まだ、メーカーの姉ちゃんとかのがナンボかマシ。

 あ、でも、最後の
 『金属バットというサークル名で擬人化小説やってます』
 発言はちょっとウケました。
 
 ちなみに白衣で、
 自分で似合わないと言っていたので寛容な心で受けいれました←偉そう。

 司会の紹介で
 監督、櫻井、三木、置鮎の順に登場。

 まずは自己紹介。
 『勃ちっぱなしの田口〜』という櫻井孝宏に笑いました。
 ダメだ。そのワードが面白すぎる…。

 まずは質問コーナー。

○実写もあるというアニメだったがオファーがきたときどう思ったか

櫻井:中村監督と何度か一緒に仕事をしていたし、面白そうだと思って飛びつきました。

三木:僕は櫻井くんよりも30mぐらい長く飛びつきました。監督と一度ご一緒してみたいとも思っていたし。

置鮎:僕は最初写真を送るだけって聞いてたんですが、
   結果的に水泳帽と黒のランニングというかヒートテックという。
   どうするんだろうと興味をひかれました


 “スイマー”とか水泳帽というワードはやたらそのあとも出てました。
 よっぽど、印象的だったんだろうなぁ。

 なんでも
 『2話で僕が録ってるときに三木さんが撮ってた
 そうで、
 次にアフレコする人が撮影していたそうです。
 
 『結構な密室で…』と監督が言ってました。

 ちなみにスイマーな置鮎は、
 彼のブログで拝見したんですが(結構いた)
 すんごい面白い画です。
 本人いわく『マタニティスイマー
 
 みきしんも写真を撮ったらしく、
 それを見た櫻井孝宏が
 『オーストラリアスイマー』と称しておりました。

 黒のタンクトップに黒のパンツ。
 そして水泳帽だったとのことで…。かっこよかったらしい。
 『今も携帯に写真が残ってます
 と、おっしゃってました。見たい。

 『DVDの特典映像に入れてみては?』という司会のナイスアイディアに
 『あれは出せません』と監督。
 『置鮎さんは流出してるんですよね?』という司会に
 『それはご自身でされてるので、放出です』と監督。 

 ここでだったかは、忘れましたが、
 マユミちゃんは動画で、声優さんたちはデジカメの連写だったそうで
 別撮りだったそうです。

 アフレコは一緒だったそうで
 『(あの格好じゃなくて)残念でした
 と心底残念そうな櫻井孝宏にウケました。
 (司会の人に『あの格好ですか?』と聞かれ。)

○伊良部というキャラは、なんで三人いるのか?

 『え〜。なんかに書いた気がするんだけど
  なんだったかなあ』という監督に

 『色々な伊良部像があるだろうから
  大中小と作ったという話をされてませんでしたっけ?

 とナイスフォロー置鮎!!!

 話をもらってから原作を読んで、
 発言によってキャラが変わってる印象を受けたとかなんとか言ってました。
 うろ覚え…。

○三ツ矢さんという人について

 伊良部の話から、三ツ矢さんの話になりました。
 一瞬沈黙があった声優陣に爆笑です。
 何故、黙る!!
 先輩のことは話にくいのかしら?

櫻井:いや、もうすごい人ですよ。
   僕からしたら大先輩ですし、もっと遡れば専門学校の時の先生ですし、
   小さい頃テレビで聞いてた声ですし。
   安心して自分の役をやれるというか、大きな船に乗ったような。
   とにかく僕とはいる場所が違います。すごい人です!


 司会が『櫻井さんクリアです』とか言う。

三木:なんで先輩を言いにくいようにしちゃうんだよ!
   (櫻井:すみません
   あとでな
    (櫻井:はい。あとで
   僕とはいるステージが違います。
   (司会:同じステージに立つ可能性は?)
   同じなんてとんでもない!
   きっと三ツ矢さんが見ている景色とか経験は僕には出来ないと思います。
   それぐらいすごい人です。


 みきしんも『クリア』言われてました。

置鮎:パワフルで引っ張っていってくれる人ですね。
    パクさんがいるときはパクさんがムードメーカーになって
    引っ張っていってくれるんですが、ちっさく感じました。
    役もテンション高かったですけど。
    なかなか三ツ矢さんがレギュラーのアニメに出させて頂ける機会って今ないので、
    すごくいい経験になりました。


 置鮎も無事クリア。
 『オチつけて』とか言われてかわいそうだった…。
 オチもなにも…。
 あと『同じ声優として〜』って司会につっこまれると
 『同じなんて!それやめてください。同じ職業ではありますけれども
 と言ってました。
 
○監督について

櫻井:床に座って台本なおしたりしてました。
   (監督:落ち着くんです)
   それ言われると、何も言えなくなるじゃないですか!
 

三木:作品とかで『社会不適合者』と思ってました。
   絶対、普通の人じゃないだろーと。
   でも、お会いして話してみると、印象が変わりました。


置鮎:僕も最初『変な人』なんじゃないかと思ってました。
   お話してみると、すごく合うな〜と思えて
   『普通の人』みたいでした。
   (三木:“みたい”だよね!
  

 櫻井孝宏が何と言ったか…覚えてないです。   

○自分の登場した話でお気に入りのシーン

櫻井:ファミレスで元妻のスカートにショックを受けつつ、コーヒーかけられて店を出るシーン。
    アフレコでも大絶賛でした。パクさんにいじられまくり。
    勃ちっぱなしは男女で反応が違って、
    女性は『最後、感動しました』って言ってくれるんですけど、
    男にはニヤニヤされながら『見たよ』って言われました。


監督:2話と1話は最後までどっちを1話にもってくるか悩んでいて
    5.5:4.5で放送した1話になったんですよね。

    (司会:櫻井さんを起用した理由は?)
    スタッフとの話で僕が言ったんだか忘れたんですが
    『勃ちっぱなしを櫻井さんだとクるね』という話になりまして…。

    (櫻井:光栄です!

三木:大御所作家とSEXが大事だの違うだの言い争うシーン(全裸で)
    キーボードという仕事道具に全裸で座りたくなる気持ちはわかる。
    なんとなく似てるなと思いました。
    髪型とか見覚えあるなとか…。

    (櫻井:三木さんが恋愛小説家と聞いて“ぽいな〜”と思いました
    (置鮎:繊細と神経質と紙一重なところをいったりきたりしているのが“ぽいな〜”と思った
    どうせぽいよ!

 何故、みきしんだったのかという話もあったんですが
 忘れました!!! 

置鮎:最後の方で野球を見に行くシーン。
    ホームランボールをとろうとして手をのばし、伊良部にかっさらわれ、
    色んな記憶がプレイバックしもういいと言うまで。
    僕自身は手をのばすところを指定していたんですけど、
    男性スタッフにも人気のシーンだそうです。

    (三木:三ツ矢さんの『時代は変わっちゃうんだよ』の言い方は、なかなかできないよね

 なんかすっごくいいことを置鮎が言ってたんですが、
 物の見事に忘れました。ごめんよ、おっきー!!
 私も、このシーンはすごく好きなので(伊良部がボールかっさらうとこも含めて)
 見られて嬉しかった〜。

監督:置鮎さんが年取った時も演じられてて、どんな風にするのか
   すごく楽しみだったんですよね。
   あと、ここは、BGMとか効果音とか入れるテストのときに
   感動しちゃって『これはもうこれでいいよ。何かある人〜』って聞いちゃったんです。
   変える必要はないと思って。珍しく。
   そしたらスタッフからあーだこーだ言われました。
 

 監督の話、面白かったんですが、
 前の人の後頭部でみえにくくて
 首痛いな〜とか思ってたら話の内容を聞いてなかったりしてしまってました。
 ごめんね、監督!!
 

 次は心理テストのコーナーでした。
 これがもう爆笑です。
 

Q1:あなたは間違って電話をしてしまい、無言で切ってしまいました。

 すると相手から電話がかかってきました。

 あなたはなんて言いますか?


監督:あ、間違えました。
櫻井:え?あ、いや〜違うんです。すみませんでした。
三木:あ〜すみません間違えちゃいまして(かわいく)
置鮎:あ〜あ〜すみません間違えました(真面目に)

 『お前、それだいぶ年上の人に言われてる設定だな』とみきしんに言われる櫻井。

A:浮気をしたのがバレたときのあなたの言い訳

 爆笑です。
 『リアルだなぁ』とみきしんに言われる櫻井孝宏。
 よりリアルに自分の書いた言葉を読み上げる櫻井孝宏。
 
 答えを聞いて
 『なんでかけなおしてくんだよ!とか言うと大変ですね』というみきしんに笑いました。 
 
 『かけてないです。』とか言ってたのは置鮎だったかしら?


Q2:あなたは全裸で町を歩いていました。

  すると、前から大好きな人が!

  一箇所だけ隠すとしたらどこを隠しますか?


 これですね。
 前方にスクリーンがあったので
 そこに問題を提示していたんですが、
 回答者は見ちゃダメってことで、スクリーンに背を向けていたんです。

 客は見られたんですが、
 挿絵が勃ちっぱなしの田口で爆笑。
 
 会場が笑いに包まれてしまい
 『聞こえな〜い』と置鮎。

 いや、でもあれは笑いを抑えられんって。

 で、回答。

 しかし、ここでも、
 一足先に客席に回答の提示!!

A:恋人に触られて1番嬉しいところ。 

 会場、爆笑です。
 しかも挿絵がやっぱり田口。
 そのうえ、後ろ姿でトレンチを広げてる姿…。
 お腹痛い!!

 会場の反応に、
 一気に不安になる回答者たち。

三木:回答によっては、月曜81で会議な。
櫻井:えっ!じゃあマネージャーに言っておきます。

 という微笑ましい(?)やりとりがありつつ、
 監督からオープン!!

『顔』

 会場からは、
 『お〜』と温かい拍手が!!
 とりあえず
 『やったー』
 と喜ぶ監督。

 そしたら
 置鮎龍太郎も

 僕も顔なんですけど…

 と、オープン。
 会場からはまたも拍手。
 
 なぜ顔かということに
 『顔がバレなきゃなんとでもなるかなと…
 確かに!!

 まだオープンしていない81組。
 櫻井孝宏がみきしんのを確認。
 『あれ?そうなんですか?
 と櫻井。

 どうやら二人は違うらしい。

 いや〜かぶっちゃったな〜と思って

 と言いながらオープンした紙には

 かお

 でも、答えを知ってる会場からは 
 あたたかい拍手が。

 そして…
 顔以外の言葉を書いている櫻井孝宏は…
 

 勃ちっぱなし

 よりによって!!!
 もうダメです。限界です。
 爆笑です。
 
 そしてじゃあ正解をということで
 後ろの回答を見ると…

 やはり爆笑!!!

三木:お前の回答、リアルだなぁ…。(櫻井に向けて)
櫻井:しかも、勃ちっぱなしですよ!!!しかも漢字ですよ!!
   2010年で1番後悔してる。俺の心は傷ついてます!!

置鮎:正直、股間って書こうとしてたけどかぶりそうなので顔にしたんですよね〜

 置鮎、ナイスフォロー?
 みきしんは一か所を隠すってのじゃなかったら、背中とか書いたかもとか言ってました。
 
 しかし、監督が

 あえて言うなら全身だなぁ

 とか何ともぶっとび発言を!!
 全身性感帯だったら大変だよ!!←そういう問題じゃ…。


 そろそろお時間なので終了という司会に
 『俺、もっと緩和していきたいんですけど!!
   これ、インパクト強すぎでしょ?!

 とさらなる傷をおってしまった櫻井孝宏を華麗にスルーして、
 監督からお言葉。

 そして、声優さんからも一言ということで、
 最後は置鮎からということで、オチは櫻井に。

置鮎:オーナーは10話なので(1・2巻には)出ていませんが、
    買ってください。お願いします。


三木:オチに囲まれてしました。全部揃えて改めて見直すと発見があると思います。
    ぜひ、よろしくお願いします。

櫻井:え〜僕はよく母親の話をするんですが、
   珍しく母がよかったと言ってくれまして…
   顔が出るからではなくって、面白い作品に出られてよかったねと…。 


 などという話があって、
 イベントは終了しました。
 
 19時ぐらいに終わったので、
 1時間半弱ってところですかね?

 最後の心理テストで
 櫻井孝宏の神っぷりに爆笑しました。

 しかしながら、
 首が痛いぜ…。

 あんまりちゃんとしたレポになってない気がしなくもないですが、
 (きっと気のせいじゃない)
 ご了承くださいませ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
レポありがとうございますぅぅぅ!!!
なんだか会場の雰囲気が想像出来て、行った気分になれました♪
服装までチェックしていただいて感激です!!!
最後の心理テストは読んでいるだけでも爆笑でした☆
今年最初の後悔ですね(爆)←まだあるのか?(苦笑)
京ノ櫻
2010/02/14 00:34
>京ノ櫻様
いえいえ、お役に立てたかどうか(苦笑)
がんばって櫻井さんをがん見したりしたんですけどね…みきしん見えなかったし。
心理テストは爆笑でした。
アハハ!今年最初の後悔はコレのようです!

2010/02/14 15:10
『DVD&Blu-ray『空中ブランコ』発売記念“逆チョコバレンタイン”〜診察室より愛を込めて〜』 葵的道楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる