葵的道楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS WJ20号 銀魂 第三百五訓 ジジイと若い女が一緒にいると何か色々と想像力が増す

<<   作成日時 : 2010/04/19 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 久々に頑張って月曜日に書きます。
 しんどい・・・。

 以下、感想・ネタばれなど。

 表紙・・・高杉より神威のがデカイ不思議・・・。
 まぁいっか。

 さて、本編。

 ずいぶんと淋しくなったかぶき町を
 女狐…華陀と一緒に見物中の次郎長。

 相撲中継をほっぽいてまで華陀のもとへ来た次郎長

 とりにきたのさ

  狐の首を
 


 そのころ、
 お登勢さんの店の前では
 以前、乱闘中!!!

 狂死郎の前に群がるオカマたち!!

 だって〜ん

  どうせ刺されるなら

  狂死郎様のサオに刺されて

  昇天したいじゃない


 とオカマの一人。
 このレベルの下品な下ネタは嫌いじゃないぜ。
 そしてクネクネするオカマも嫌いじゃないんだぜ。

 そんなわけで
 群がるオカマをバッタバッタと…
 そりゃもう鉄子が引くぐらいに
 切り倒していく容赦ない狂死郎。

 ここでアゴ美登場!!
 
 アゴ美はNo.2なのか?
 
 アゴ美いわく、百須斗神剣(ほすとしんけん)の使い手らしい狂死郎。
 一方のアゴ美は伽魔仙流伝承者…
 その名も拳王アゴウ!!!

 謝れっ!!今すぐラオウに謝れっ!!
 とりあえず1回謝っとけ、原先生と武論尊先生にっ!!!

 しかしながら

 いやすいません

  しらないです
 


 と容赦なくきっちゃう狂死郎。

 倒れるアゴ美…いやアゴウでしたが
 切られてない…

 あの…

  おとなしく死んだふりしてて
  
  もらえますか?

  ホストが

  きっていいのは

  女性だけですから


 という狂死郎のひとことに狂喜乱舞するオカマたち。
 いや、喜んでるけどさ…
 あんに『女じゃない』と言われてると思うんだが
 それでいいのか?オカマたちは!!!

 騒ぐアゴ美を蹴りあがる西郷。
 勝負はついたと撤退命令。

 しかし平子はまだついてないと立ち上がる。

 独りになっても親父の味方。
 それは亡き母との約束。

 や〜今更、亡き母との約束とか
 お涙ちょうだい系の回想されても、
 平子は好きになれんわ〜。
 自分の力量以上のおもちゃを与えられて
 いい気になってた子供にしか思えん。

 親父のもとへ行こうとする平子の前に
 華陀の援軍が…

 しかし華陀の援軍は
 平子強襲!!!

 平子を守ったのは
 西郷さん!!

 女狐にハメられたと西郷。

 そして華陀の兵隊がぐるりとスナックお登勢を囲む。

 再び華陀と次郎長。

 華陀のたくらみに気づくも、
 兵を割いたのは失敗だったのでは?
 と投げかける華陀。

次:奴等がおとなしく

  エサになるタマとは思えねェがね

  なんせ長年俺とやり合ってきた連中だ

  おかげで

  こうして美女と

  二人っきりでランデブーできてるワケだしな


華:次郎長

  わしも貴様とは長年やり合ってきた者

  であることを忘れたか

  ランデブーは

  断るが

  パーティーの用意なら

  できている
 

 華陀の周りを取り囲むは、
 夜兎、茶吉尼に並ぶ傭兵部族辰羅たち。

 やっぱりただの博打好きの姉ちゃんじゃねーなという次郎長に

 この街は

  もうわしのもの…

  いや

  宇宙海賊『春雨』

  第四師団団長

  華陀のものと

  言った方がいいのかえ


 こんな近くに春雨の師団長が!!
 やっぱり銀魂は春雨問題が解決したら
 最終回なんだろうか…。

 華陀の言葉を聞いて

 …ついに

  尻尾を出しやがったな

  化け狐
』  

 


 とにやりと笑う次郎長。

 そんな次郎長に
 世迷い言を…
 と華陀。

 貴様さえいなければ吉原の鳳仙と同じく
 たやすく手に入れられたと続ける。

 そして、
 天人から護るために
 なりふり構わず外道に身を落としたと言う華陀。

 天人に勝つために
 人間をやめたと言う次郎長。

 四天王は貴様のみ
 一体何が出来るという華陀に

 華陀…

  てめー一体今迄

  この街で

  何を見てきやがった

  かぶき町を

  なめるなよ


 と次郎長が言い放ったところで
 ジャンプ王道のアレです。

 主人公と仲間たち(万事屋)が
 ドア蹴破って登場です!!
 1Pも使う大ゴマです!!

 銀時たちを見てにやりとする次郎長に

 待たせたな

  ガングロジジイ
』 


 と銀ちゃんが言って以下次号。


 これはさ、
 何か?
 次郎長は死んじゃったりすんのか?
 それとも一人娘の平子と隠居して平和に暮らしていくパターンなのか?

 急に
 『実はいろいろ知ってて自分一人でなんとかしようとか
  思ってた(実際頑張ってかぶき町を自分なりに護ってた)いい奴なんだぜ!』
 って言われてもいまいち感情移入できないんだが…。

 いや、アニメが復活して
 声優が磯部勉とかだったりしたら
 次郎長好きになるかもしれないわ…。

 しっかし春雨って何師団あるんだ?
 神威のいる七まで?
 どっちにしろ、あと5つもあるんだよな?
 奇兵隊はどこと繋がってんだろうか…。

 なんかまだ回収しきれてない部分がたくさんありそうなので
 原作ストックたまったらアニメまたできるんじゃね? 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
WJ20号 銀魂 第三百五訓 ジジイと若い女が一緒にいると何か色々と想像力が増す 葵的道楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる