葵的道楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『テニスの王子様トークショー』前半

<<   作成日時 : 2011/02/13 19:56   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 メモったりしていないので
 簡易レポ+感想です。

 許斐先生があまりにポンポン話すので
 渡辺さんが△出したり×出したりでおかしかった。

 △って何ぞ?(笑)

 先生も話しながら渡辺さん見て
 手でOK?って確認してました。最後の方。

 イベントは2時間弱ありました!
 どうりでお腹がすくわけですよ。

 この後のイベントにも参加だったので
 結局、お腹をぐーぐー鳴らすことになりました…。

 楠田さんとか
 許斐先生のマイクの音量は普通なのに
 松井Pだけえらく大きくて困惑。

 そんなに声はらなくても…。

 諸注意は松井Pです。

 『今日は色んな人が見てるから緊張する
 と言ってました。

 取材とか
 集英社の渡辺さんとか
 かいわさん(かいわさんの字って海に和でしたっけ?)
 とかが後ろにいたようです。

 いつもそれぐらいの節度をもってもらいたい。

 そんなわけで司会も松井Pです。

 あ、書き忘れてましたが
 昨年の
 『チケットとって10万ぐらいで売る』発言を
 2日続けてナマで聞いた身なので
 松井Pの発言に刺々しいものいいをするかもしれませんので
 お好きな方は別のサイトのレポをご覧になってください。

 あれは冗談では許されない発言だと
 私は思っているので。

 そういや諸注意のときに
 『ジャンプSQフェスタ2011ってことは
  2009とか2010とかもあったんですか?

 と聞いててわざとらしかった…。

 あったらあなたにも情報がいくんじゃないんですかね?
 今回、呼ばれてるんだからさ。


 許斐先生、
 本日は松井Pいわく
 『鳥の巣ですか?雛がいたりするんですか?
 というふわふわの毛がついたポンチョを着用。

 インナーはすっきり黒。

 色違いもお持ちとのこと。

 楠田さんは、
 (今回、先生だけ先生つけて楠田さんだけ敬称略すわけにはいかんのでちゃんとつけます)
 茶色だかオレンジだかの
 柄シャツを着用。

 まずはテニプリフェスタ2011の話。
 

 心・技・体の中で体が一番高く飛べた!!(許斐先生)
 
  最初出てくる時に1人舞台下から押し出される形で登場した先生。
  心のときはスモークが多すぎてあまり見えなかった→不満
  技のときはマイクを左手に持ち替えたら高く飛べるんじゃないかと挑戦→失敗
  体が1番きれいに高くとべた!!

  とのことでした。
  
  なので、DVDが技が本編収録と聞いて
  『飛ぶところだけ体と差し替えてよ!
  って言ってました。

  楠田さんいわく、
  リハでも先生は高さにこだわっていたとのこと。

 ◆DVDにリハやら舞台裏が入ると聞いて…(楠田さん)   

  『大典さんがプリキュアのTシャツ着てて
   版権があるからって言ってるのにわざと着てた。
   しかもジャケットもプリキュアだった

  と暴露するから爆笑。

  何やってんだ、たいてむ!!

  大典の名前が出て
  先生が

  『前回、毎回違う衣装だったらDVDの編集で困るからと
   衣装は同じでと言われたのに
   大典さんは毎回シャツが違ってた


  とちょっぴり不満そうでした。
  
  変えたかったそうです、衣装。

  で、リハの時…
  先生は30時間寝ていなかったらしく
  目が充血しているそうです。

  『松井さんにこんな先生みたことないって言われた
  と言ってました。

  しかも、
  SQ3月号の4話掲載の原稿が終わっていないまま
  テニフェスで歌ってたとのこと。

  締め切りもとっくにすぎていたそうで
  テニフェス後、
  すぐ仕事にとりかかったと言ってました。

 ◆脱帽の話など(楠田さん) 

  『何の話をしましょうか
  と聞いてくれた時に脱帽!との声があがり脱帽から。

  サンバのリズムで刻むステップがとにかく難しく
  『僕は心技体、どれも出来てません
  とにこやかに!!!

  『日本人には無理!
  と言う楠田さんに
  『みんな日本人ですよ!!
  と松井P
  『大典さんは東南アジアの方じゃないんですか?
  とか楠田さんが言うから笑った。 
 
  脱帽の踊りは本当に大変だったと…
  『みんないい年だからね
  とか言うし。
  
  中村大亮だけ20代?

  by断ち切り隊の話も出て
  100曲から毎回歌わせていただいて光栄という話や
  『毎回、舞台裏で4人で円陣組んで出てたんですが
   今回、僕と細谷くん、甲斐田さんと大須賀くんでわかれちゃったので
   舞台袖で手を振ったりしてました

  という裏話もありました。

  先生が
  『ユニット楽しそうだよね!!
  と言っておりました。

  入りたいのか?

  松井Pに
  『チーム氷帝は?
  と聞かれ
  『不条理が3パターンあったので大変でした。
   全員でやれたのは当日の本番前だったし…
   そういえば不条理3パターンあるけど
   DVDではどうなるんだろう

  という話が…。

  小杉さん版はぜひ入れてほしいわ。
  
  楠田さんが
  『浪川くんが入ってるバージョンと
   榊監督のバージョンが

  って言うので笑った。

  何故、小杉さんだけ役名?

 ◆印象に残ったシーン(許斐先生・楠田さん)   
  
  二人して
  『トゥーランドット』と回答。

  下から出てくるの小野坂昌也と先生だけだったという話や、
  『あの後に脱帽だったので
   下から皆川さんと広樹くんと一緒に見て笑ってました。
   笑い声、聞こえてたと思うのに
   歌い続ける小野坂さんを尊敬しました

  という話がありました。

  あとは、楠田さんがラブフェスティバルが良かったと。

  先生は穴のなかにいたので
  見れてないらしい。

  『リハの時にみんなが盛り上がってて
   純子とか次歌うのに息切れしててかわいそうだった

  
  と言ってました。

  あと振付の話も。
  ジャンフェスの30分前に決めたそうです。
  皆川純子は
  『できないです』
  と断言していたらしい。しかしノリノリだったそうです。

  振付といえば…
  『僕、HiHiHiHiのところが好きで
   先生はこういう感じで(某娘。のアレ風な)作ったんだと思うんですけど
   僕ら下からHiHiHiHiってやってて…
   あれは小野坂さんがやりはじめたんです

  と…。

  どうりで…。
  そんな激しいのかと当日思ったんですが
  どうやらリハで盛り上がったキャストの皆さんが
  作りあげたもののようです。

 ◆体の時の『フェスティバルは突然に』(許斐先生)     
  
  松井Pが聞きたいと聞いていた質問。

  『約束を守って純子を泣かせた』 
  と先生。

  控え室でも、
  あれはずるいとか泣くとか言っていたらしい。

  『アドリブに弱い純子の為に心と技は掛け合いを決めた通りにやって、
   体は、俺がしゃべるから頷いてればいいと言った。
   カルピンにだけは、ホォアラ〜よろしくと言っておいた


  先生が気にしていたのが
  全く見てなかったというスクリーンの映像が
  ラブラブカップルのようだったと聞いたけど本当?
  という部分でウケた。

  そこ気にするのかよ!!

  でも、カップルみたいな絵ではあった気がする…。確かに。

 ◆10周年記念ユニット(許斐先生)  

  最初、敗者復活は1人だったみたいですが
  当日、渡辺さんが
  『10周年だから10人のほうがいいんじゃないですか?』
  と先生に言って
  それに先生がノったというのが真相だそうです。

  だから松井Pは全く知らなかったと…。
  
  『で、ユニットで何するんですか?
  という松井Pに

  もちろん歌いますよ。

   300タイトル目を歌います!!

   そしてギネスに申請する


  10人で漫才とかしてもしょうがないでしょ?
  と先生。

  そりゃそうだ!!

  追加メンバーについては
  『やっぱ持ってるよね』と先生。

  浪川大輔に関しては
  『森久保くんが浪川くんに
   じゃんけん勝ちにきたんだろ?って言ってたら
   本当に勝って帰った

  と楠田さんが言ってました。

  4月の白石のシングルで294タイトル目だそうで、
  松井Pも色々あるけど今は教えないと
  お得意のもったいぶりをみせつけてました。

  松井Pが
  『曲はどうするんですか?
   先生が作るんですか?

  と言うと

  『え?作っていいの?
  と返していたので
  先生が作るの…か?

  私としては
  曲作りよりも漫画を描いてもらいたいんだが・・・。

  まーでも楽しみです。
  もともとの選ばれし5名のソロパートがあればいいや。

  
 フェスタの話が思いのほか長くなってしまったので
 後半へ続く!

 結構、よく覚えてんな私。←

  
    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
『テニスの王子様トークショー』前半 葵的道楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる