葵的道楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『風立ちぬ』

<<   作成日時 : 2015/02/21 02:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

映画館に観に行く時間が公開された時に取れなかったことと
(他のことを優先した)
観に行った方から

『絶対見た方がいい!!とは断言できない』

と、言われていたので
まぁいいかと思って見てませんでした。

『そのうち金曜ロードショーでやるだろ』

とも思ってたし。

前情報として知っていたのは

・主人公が零戦設計者
・その主人公の声が庵野秀明
・監督は宮崎駿

の3つです。

零戦はカッコいい機体だと思うけど
そこまで興味があるわけではないし
ついに役者でもない人を主人公にもってきたのかと
見に行かなかきゃ!!
って気にならなかった。

んで、
ようやく金曜ロードショーがやってくれるというから見ました。

『零戦の話と思ってたらラブストーリーだった』

というのが簡潔な感想です。

零戦なんて最後にちょこっと出てきた程度ですよ。

観に行った方の

『庵野秀明はそんなに気にならなかった』

という感想とは一致。

多分、最初から
『役者じゃない=棒』
という心構えで見られたからかもしれません。

夢の中にでてくるイタリア人を
野村萬斎がしてて驚きました。

話自体は
ごりごりの設計話ではないし
ラブストーリーという視点にしてしまうとそれはそれで中途半端な気もするし…

そもそもジブリにラブストーリーなんぞ求めてないから…

しかし本庄くんかっこよかった。
ジブリキャラなのに男前に描かれてた。

中の人が西島秀俊と知って
余計好きになった。

顔面偏差値だけでいうなら
ジブリ史上のイケメン1位はハウルだと思ってるけど
ハウルを超えました。

私の中のジブリ男前ランキング暫定1位は本庄くんになりました。

零戦の話と思って見たら拍子抜けするし
ジブリにラブストーリーなんぞ求めてない人間にはオススメできない
難しい映画です。

扱いに困る。

ただ本庄くんとか上司とか
周りのキャラもなかなかいいし、
美穂子はかわいくて切ないです。

話自体は
なんかもうボキャ貧で申し訳ないんですが

ファンシー

という感じ。

多分また地上波でやるなら
見ると思いますが
架空の堀越二郎って感じなので
人にすすめるのは難しい映画だなぁと思いました。

嫌いではないけど
同じように空を飛ぶのなら
紅の豚の方が空も海も美しく描かれていたように思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
『風立ちぬ』 葵的道楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる