葵的道楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『おまえらのためだろ!第46弾』昼の部

<<   作成日時 : 2015/03/03 22:50   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 昼夜行ってまいりました。
 久々に東京へ行きました。

 昼の部のタイトルは

 『中年病で恋したい!  
  『ほしこさんのはっぴーぼーぱっぴー』
  〜キルカキラレルカ…
  <戦国シリーズ>-幕末バサロック-〜


 といういつものように長いタイトルです。

 レポと呼ぶにはあまりにもお粗末なのと
 記憶があいまいなのと、
 敬称略するってことと、
 あくまでも個人の感想であることと
 1番のお目当ては吉野裕行だった
 ってことを気になさらない方のみ
 この先をご覧ください。

 あ、あと順不同です。

 ただ1つ…

 私、おまえらイベントって東京にいる時に
 片手で足りる程度しか参加してませんが、

 ほぼタイトル通り

 の濃芝居(濃い芝居と書いて“こしばい”)って
 初めてみた気がする。

 昼の部は

 濃芝居→フロントトーク→2人のトーク→ゲストとトーク(しゃべり場?)

 という順番でした。

 まず、注意事項でめぐさんが

 『おまえらのためだろ20周年です。

  “おれらのおかげだろ?”って言うけど

  “お客さんのおかげだろ?”』

 って言ってて客席爆笑でした。
 そのあとの語尾が『だろ』で笑いました。

 そんなわけで、めぐさんの注意事項に拍手を送った後

 緞帳おりたまま

 小十郎と幸村のやりとりが!!!


 BASARA!!
 いきなりBASARA!!
 真面目にBASARA!!
 客席のざわめき…。
 
 46分の数回しか行ったことのない私でさえ

 『真面目に始まったぞ?!おい!!』

 ってなりましたもんね。

 あ、私昼は2階席でした。

 声のみのやりとりが終わったら

 2階に女装の

 ほしこさんキタ―!!!!!


 『ほしこさんのはっぴーぼーぱっぴー』

 というタイトルの番組が始まるらしい。
 そのゲストをどうするか…。

 『台本なんて関係ない!』

 とか言いつつ

 『台本くださーい』

 と言って去って行きました。

 なんだろう、あのくるくるパーマなかつらは…。
 周囲からは黄色い歓声があがっておりました。
 わたくし、あんなに近くでぱっぴーさん観たの初めてです。
 ちっさ!ほっそ!

 森川さんも2階に登場!!
 え?格好が普通だよ????

 なんでもプロデューサー兼その他もろもろ兼ねてるらしい。

 で、2人が去って、
 1階へ。

 緞帳あがったら

 犬牟田なよっちんと

 猿投山な服羽織ってる檜山さん!!


 ふええええ、しゃべり方が犬牟田!!
 ちゃんとした役名(おまえらでの)は忘れました。
 檜山さんが猿投山っぽい!!
 かっこいいよおおお!!!!

 ってなってたのに
 すぐのぶこになりました。

 すごく投げやりな

 『めんどうこてめーん』

 を聞きました。檜山さんを何故すぐノブコにしちゃうのよ!!

 よっちんが
 『キルカキラレルカ』
 ってのを振りつきでやってたんですが
 気に入ったのか、そういう台本だったのか
 何回もそのセリフ言うたびに
 それやってました。

 文章では説明しにくいんですが・・・
 ちなみに声は犬牟田でしたよ。
 
 
 で、きーやん。
 金髪ソバージュ?のきーやん。

 2階からだと可愛く見えたけど
 どうだったのか・・・。

 とりあえず、足の毛は剃っていたのか?
 それともタイツかなんかはいてたの??

 濃芝居では
 きーやんが
 森川さんに

 『前回のをちゃんと復習してきたわ!

  なんで鈴木達央、小野賢章ときて杉田智和なの?!

  なんで私じゃなく杉田呼んだの?

  幕末するなら私でしょ?!』

 ってつめよってて爆笑。
 ちなみにこの時のきーやんの役名は
 『さかもとりょ うま』です。
 
 ちょっとだけ歌ってくれたけど
 幕末ロックは関係ない謎の歌だった。

 でも聞いたことあるのよあれ。

 ちなみに昼の濃芝居は
 ほしこさんに締めを任せるという凄さでした。
 
 たくさん笑いました。

 フロントトークは
 陶山さんのハロプロ話を楽しみにしている身なんですが
 昼はちゃんとお葉書読んでて
 あんまり話してくれなかったです。

 お客さんからの葉書で

 『3/1に陶山さんはいらっしゃるのでしょうか?』

 的な文章があって

 どうやらその日はベリーズ工房のコンサートがあったらしい。

 2/28は行ったよっておっしゃってました。

 ベリーズ工房のTシャツ(昨日買ったらしい)を陶山さんが着てて
 よっちんも同じのを着てたって話があったぐらいです。

 
 森川さんと檜山さんのトーク。

 森川さんが

 『そういえば賢雄さんにこの間会ったときに

  “おまえら”20周年でしょ?出たいって言われたんだよ。

  あのいい加減なおじさんが覚えてた』

 って話してて爆笑。
 確かに賢雄さんが覚えてるなんて!!
 ってなりました。

 あとは
 
・第1回の時は新宿のロフトワンでやって
 昼のゲストは陶山で夜のゲストはみきしんだった

・きーやんとよっちんが芸歴20年で“おまえら”と一緒と言ってた(楽屋で)

・森川さんがコインパーキングに車を停めていたら
 あてられたのか車の前方がガコっとへこんでた
 ↓
 車屋さんに持って行く
 ↓
 森川:(手のひらを広げて)ワンタッチ12000円するんだよ
 ↓
 檜山:ワンタッチって言ってもキャバクラとかじゃないよ?傷の大きさだよ
 ↓
 森川:ツータッチだったけど、ついこの間もやられたから
 可哀相に思ったのかワンタッチ(の代金)にまけてくれた
 ↓
 檜山:ツータッチって言っても2回OKとかじゃないからね?以下略

 森川さんがワンタッチ言うたびに
 訂正する檜山さんってのがセットになってました。

 昼はあんまり20周年について
 語られなかった気がします。

 
 そしてこのあとのしゃべり場が・・・
 ンマーとにかく

 あんなに酷い石塚さんみたことない

 ってぐらい酷かったです。

 いや、いつもすごいんですが
 昼の部は本当どうしたんだ?というぐらい
 フルスロットルな感じでした。

 書いていいのかよくわからないぐらいです。

 なのであんまり詳しくは書きませんが

 テーマが『初恋』だったんですが

 きーやんに

 『初恋っていつぐらいですか?』

 って聞いたらきーやんが

 『初恋って定義があいまいじゃないですか?

  幼稚園ぐらいだとみんなおねえさん言うからつまんなくないですか?』

 みたいに変えしたら

 『じゃあ抱きたいって思ったのはいつですか?』

 とぶっこんできましたよね。

 で、答えちゃうきーやん。

 次はよっちんに

 『そういう意味で抱きたいと思ったのはいつですか?』

 と更にぶっこんでいく石塚さん。

 そして掘り下げる石塚さん。

 檜山さんに

 『お前もう初恋からかけ離れてるぞ?!』

 って言われても掘り下げる石塚さん。

 森川さんにも檜山さんにも止められない暴走っぷり。

 凄まじかった…。

 そしてぱっぴーには

 『抱かれたいと思ったのはいつですか?』

 とか聞きだして
 会場が爆笑と失笑と混乱の渦に…。

 色々つっこまれて

 『ご自身が女だったらこの中の誰に抱かれたいですか』

 とか言い出したからもうなんかすごかった。

 最終的にぱっぴーさんが

 『ネットとかでも書かれてるけど森川さんに迫ったっていう話の真相』

 からの

 『酒癖』

 についての話になってきれいにまとまりました。

 すごいよ、

 若い頃ぱっぴーさんが酔っ払って
 タクシー降りるときに
 森川さんに
 
 『森川さん、好きです』

 って言い残してタクシー降りて

 『残された俺と運転手さんの気持ち!!』

 って森川さんが言って

 『酔った保志が「檜山さん、檜山さーん」って俺の方にきて

  俺が横に置いてたコートですべってころんで

  「大丈夫か、保志ー!!!」って…』

 って檜山さんがお酒の場の話にして
 そのまま

 『そういや、俺、森川を捨てたことになってたことがある』

 って言いだして
 十二国記の1話のアフレコ終了後に飲みに行った話まで
 もっていったあのベテランのちから!!!

 凄いもん見たな、と思いました。

 なるほど、素晴らしい軌道修正だと思いました。
 初恋とは全然関係なくなってましたけど!!!

 その、森川さんを捨てた話は、
 その日、体調がすこぶる悪かったもりもりが
 『でも1話目だから飲みに行こう』
 って光(緑川さん)を誘ったけど断られ
 結局、1杯だけってひーちゃんと飲みに行って
 1杯のはずが2人で日本酒一瓶あけて
 新鮮な空気を吸おうとしたら
 ひーちゃんが速攻でタクシーとめてて
 『はやくのれ、早く帰れ』
 とおしこめられ
 100mぐらい行ったら中央分離帯の植木にダイブ。

 それを森川さんが
 『捨てられたぁ』といったらしく

 次の日檜山さんが

 『後輩から先輩まで色んな人に

  「森川さんとけんかしたんですか?」

  「森川となにかあったのか?』

 と聞かれたというお話でした。

 昼の部のエンディング後、
 2階に

 檜山さん、よっちん、ぱっぴーがきて

 タッチしてもらえました!!

 檜山さん→ぱっぴーさん→よっちん

 で回ってくれたのに
 ぱっぴーさんが2回通ったので
 よっちんではなくぱっぴーさんと
 タッチして終了しました。

 出る場所が2人と反対の方に行ってて
 慌てて引き返すぱっぴーさんの足の速さよ…。

 でも、夜だったら
 通路遠くて
 タッチ出来ない場所だったから
 昼によっちんや檜山さんがきてくれて嬉しかったです。

 森川さんも近くで見れたし!!

 なんだあの至近距離ってぐらい
 近かった…。

 昼の部は以上です。
 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス
『おまえらのためだろ!第46弾』昼の部 葵的道楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる