葵的道楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』(ネタバレあり)

<<   作成日時 : 2017/03/21 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ラバスト欲しさに前売券を買っていたので、
観に行ってきました。
今日こそがっつり寝ないといけなかったんですが、
特典缶バッジ今日行かないと多分もらえないままだから……

とか思ってたら2週目も缶バッジあるし、
なんならコースターの絵柄なにあれ?
あの絵柄のアルミがよかった!!!

以下、写真を挟んでの感想です。

ネタバレ含みます。

ちなみにアニメは海常vs福田総合戦がガッカリだったのと、
虹村先輩やら黛先輩やらのキャスティングにガッカリだったので、
青峰が灰崎ぶん殴ったとこ以降は視聴しておりません。

原作のみを愛でていました。

なので、アニメのキャスティングも含めて
「黒子のバスケ」を好きな方は、
どうぞ今のうちにここなんて見なかったことにして、
別の方の感想を読んでください。

画像


劇場にあったパネル。

画像


限定版のパンフ完売で、
通常版のパンフしかなかった。
田舎だからですかね…グッズも駆逐されてましたしね。

入場者特典は、
1回目が黒子で

『あーーーうん。黒子か火神きそうな予感あったーーー』

って思ってましたが、
2回目に紫原きて、
三度見ぐらいしました。

珍しくむっくんがデレた…だと???

1回目見たら紫原缶バッジ出なくても帰るつもりだったんですが、
あまりにも、

CV.緑川光の

ナッシュ・ゴールド・Jr.が

素晴らしくて

もう1回見ました。

某・インバースが大暴れする作品の
某キャラが大好きだったのに、
キャスティングされて以降、
好きなキャラにキャスティングされまくって、
正直、あまり好きな声ではないし、
どっちかというと嫌いだったんですが、
(ただイベントとかでとても人柄がいいんだろうなというのは感じましたが。あと桜蘭高校ホスト部の環はよかった)

初めて、

CV.緑川光のキャラに

貢いでもいいかも????

ってなってるぐらいには、
NEXTで楽しみにしながら読み、
単行本で楽しみにしながら読む中で、
思い描いてた以上のナッシュがいました。

1回目見て、あまりにもナッシュがよかったから、
もう1回見よって思って見て、
通常版のパンフ読んだら

『アフレコの時、コンディションが良くなくて』

とかおっしゃっておる。

私は、
コンディションがよくなく、
柄の悪い役をしてる限定で緑川光舞い上がれるというのか……

CV.緑川光のキャラに落ちることなんて絶対無いと思っていたのに…

いやでも、
ナッシュよかった…

私、ナッシュは、
少年マンガらしい悪役的なキャラでありながら、
回想でちょこっと普通のユニフォームを着てバスケしていたり、
緑間が言ってた、
「バスケット選手のプレイ」
っていうのが最後の最後に出てきたところから、
勝手に

「この子、本当はそこそこのお家で、
バスケも、本当はストバスではなく、
屋内コートで、キラキラしたところでやれていた子なのでは……」

って思っていて(ちなみに次男か三男な気がしてる)
下衆い部分もふんだんにあるけど、
どっか育ちが良さそうな印象もあったんですが、
なんか、緑川光に声をあてられたナッシュは、

『すっげー悪いやつだなぁーーー!でもなんかちょっとうっすら品がある気が……気のせいかも』

と思いつつもそんな印象で、
いや本当、黒バススタッフもちゃんとキャスティング出来るんじゃねーか!!
って思いました←

シルバーの稲田さんなんて、
全力全開でやってくれてて、

『めっちゃ楽しそうなヒール!!』

とワクワクしました。

やはり、倒し甲斐がある悪役の方が、
見てて楽しい。

ナッシュがシルバーを黙らせるところなんて最高でしたよ。
一言に圧がある感じ!!!

そういうのを赤司を演じる人にも求めていたんですけども…
キャスティング出る前。

出た後はもうどうしようもないからなーーー
って思ってたので、
結局洛山戦は1つも見てないっていうので察していただきたい。

ジャバウォックの2人の演技が素晴らしくて、

『少年マンガはこうではなくては!!』

って思いました。
春休みだからか小中学生ぐらいの男の子たちが友だちやらときていて、

『こういうの熱いよね!燃えるよね!!』

って心の中で思いました。

私、そもそもこれラバスト目当てに前売券買ったけど、
観に行く気最初なかったんですよ。

だって

紫原、

ここから!!!

って時に骨折られて負傷退場するから。

いやもう映画はラストが違うだの、
漫画になかったところが描かれてるだの、
言うから、

もしかしてむっくんが活躍したり……

と思ったけど、
やはり紫原だけこれといった活躍シーンはなく………

本編でまともに描かれた試合が1試合だけなの陽泉だけなんだよ…

海常も秀徳も桐皇も複数試合が描かれてて、
京都の洛山も秀徳戦が描かれてるんだよ…

陽泉だけ…陽泉だけ誠凛戦ぐらいしかなくて…

本編でちょっとだけゾーンに入ってたりしたから、
ゾーンに入るぐらいまではあるかと思ってたのに、
続編では、いいところで負傷退場して、
劇場版もやっぱりいいところで負傷退場。

いやうん。原作通りにしろっていつも言うけど、
もう少しさぁ……

そりゃ
「初めて全開でやれる!楽しい!」
ってなってるむっくんかわいいけどさーーー。

黒子と火神はもちろんですが、
青峰も黄瀬も緑間も赤司も見せ場あるのに!!!!!

しかも、
黄瀬とかほぼ美しいんですよ。絵が!!
モデルだからなの?????

あんまり崩れてないのはモデルだからですか???

青峰は、ほらずっと試合出てるし、
めちゃくちゃかっこいい顔いっぱい出てくるし、
「つまんねー」とか言いつつバスケやってた子が、
負けて、変わって、ジャバウォックという強いやつとやれて
「楽しくて仕方ないぜ!!」
って感じでそりゃもう男前なカットもりもりありましたよ。

緑間だって、
「うちの長距離砲はまだ死んでない」
とか言われて、
高尾と開発した何とかいう技を、
一度もやった事ないけど、
「お前のパスは信頼している」
とか言いながら、
どんぴしゃりと3P決めたりするとことか、
超絶美しかったよ!!!!

赤司は赤司だからなのか、
基本美しく描かれてる。
しかし、僕司と俺司の融合は、
なんだかとっても赤司がナルシストに見えた不思議。

黒子は怒ったりした時の顔とか、
もうテンション上がるじゃないですか。
黒子はきれいだし、
火神だって、毎回かっこいい。

で、ですよ。

紫原の絵柄はなんでいつもあんな不安定なの???

髪結ぶとことか、
キリリポイントでしょ?!
もっと美しく描いてよ!!!

むっくんの美しくて身悶えそうな絵なかったよ!!!
最後の火神と餞別試合のくだりはちょっときれいに描かれてた気もするけど、
試合中に入れてくれ!!!

もう、

『はぁー緑川ナッシュ光、最高かよ…』

という気持ちと

『このむっくん顔おかしくない??』

という気持ちとあってですね…

話はほぼ原作と同じなので、
面白いにきまってますよ!!!!

宮地先輩たちがボコボコにやられる試合とか胸が痛かったわ!!

回想でも福井先輩出てきて嬉しかったですよ…

しかしながら、
むっくんの活躍の少なさったら…

原作読んだ時は

『今から活躍する予定の紫原の骨折りやがってーーーーシルバー○す!!』

って感じだったんですが
なんかもう稲田シルバーが、
とことん悪に徹していたのもあって

『お前なら折ると思ったよ!!!』

ぐらいの感情にとどまりました。

ゾーンに入った黄瀬は、
めちゃくちゃかっこいいし、
「チームのために」
ってところもすごくいいのに、
演技がなー軽い…
でも私の中のNo.1黄瀬は、
福田総合戦の黄瀬なので、
あそこですら軽かったから期待してなかった。

それに比べて、
声はいつ聞いても違和感しかないのに、

『ああああ鈴ぅ……そのむっくん待ってたーーありがとーーー』

ってなる鈴村健一の演技よ…
もう本当、紫原の声、未だに慣れないんですが、
本編の陽泉戦の紫原も、
LAST GAMEのちょっと成長した紫原も、

『私の中にいた紫原像が今目の前で繰り広げられている……』

って気持ちになるから、
声優さんってすごいわ。
まぁ「赤ちん」のイントネーションはいまだに慣れないんですけどね。
消毒液しか思い浮かばないよ……

鈴村健一ってもしかして演技上手いの??

ってなったのは、
紫原やってるのを聞いてからです。
それまでは、そんな事思った事なかった。

だから、
自分が思っていた声のイメージと違っても、
演技がイメージと合えば、
めちゃくちゃ好きなキャラのアニメを見られない事ないんだと、
気づかせてくれたのは、鈴です。

でも、パンフ読んだら原作読んだ発言あったので、

「とりあえず私は原作を読んだ上でアフレコして欲しい派なんだなぁ……」

と思いました。

だいたい演技に苦言を呈したい人は、
「アニメの台本だけ読んでます」
って人なんですよね。
アニメのそのキャラを台本通りに演じたいとか言う人いるらしいですけど、
そこが合わないからダメなんでしょうね。


シルバー抑えるために、
赤司、緑間out
黒子、火神in
のところで、その意図を感じとった紫原が監督に文句いうとこがあって、
赤司がなだめる…というとちょっと違う気もしますが、

『監督の言うことが正しい』

って言うシーンで、
チームの勝利の為ってことで引くんですが、
すごく小さくため息を吐いてですね…

『ああああああああああ』

ってなりました。
鈴、ありがとう。
あそこ、すごくよかった………

いやもう、
基本みんな見せ場があるから、
家で見てたら、
いちいち

『ファーーーーかっこいいーーーー』

って言ってたシーンたくさんあります。

このエクストラゲームに関しては、
OVAでもアニメでもなく、
劇場版で作ってくれてほんとよかったです。

見応えあります。

むっくんの作画は安定してないけど。
私が黒バスに落としてきたお金をどこに使ったの???←

入場者特典商法、エゲツないですが。
びっくりした。
ペダルもなかなかにエゲツなかったですが、
黒バスもエゲツない。

せっかくいい映画なのに、
やりすぎは良くない。

いやもう、
下衆全開で高慢なヒールな緑川光をぜひ堪能してほしい…

これ最後、主人公たちが勝つからまたいいんですよ。
そこがいい。

本当に倒せるのかな??
ってなりつつ、
チーム力で勝つところが黒バスらしくて好きです。

最初、アレックスが出てきて何事かと思ったら、
(甲斐田さんのアレックスめっちゃ良くないですか?最高かよ)

火神アメリカ行くのかよ!!!

ってところが映画で追加された話です。

後日談的な。

いやもう一瞬

「安西先生が日本一になってからでも遅くないって言ってたじゃん!!

…………日本一、なってたね?!

だからありなのか!!!』

と思いました。

ジャバウォック戦のあと、
誠凛の皆さんは火神とラストゲームしてないでしょうと赤司が提案して、
結果はわからないけど、
試合をして…

火神が誠凛の学生としてやる

「ラストゲーム」

というところに、
タイトルがかかってたのかな?
と思いました。

エクストラゲームがなんでラストゲーム?

って思いましたもんね。

そうか、火神はアメリカ行ってNBA選手になるのね…

青峰も行きそうな感じだし、
緑間とかみんなバスケ続けるだろとか言うし。

誠凛バスケ部はだいじょばんくない?
と思ったけど、
夢に向かって進むのも少年マンガですよね。

ナッシュにまで貢ぎだしたら、
黒バスへの投資額がまた上がってしまう……

そして、2週目の特典アルミにむっくんとナッシュがいるんですよねぇ………

映画はもう何回か見ても楽しめると思うんですが、
4週目のコースターの紫原が欲しい気もしてて……



それにしても、
ナッシュよかったわー←しつこい。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』(ネタバレあり) 葵的道楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる