葵的道楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』

<<   作成日時 : 2012/02/05 14:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 舞台挨拶に当たったので行ってきました。
 無欲の勝利なのか
 席がよくてびっくりです。

 本命のときにこの座席運が欲しいところ…。

 原作を読もうと思ってた時期があったんですが
 結局見ていないままなので
 
 『こんな感じの話なのねぇ』

 と思いながら映画を見ていました。

 いいところで終わりましたけども!!

 ちゃんと血が流れたり
 腕がぶっとんだり
 腸出てたり
 という描写があったので
 『おお!!』
 と思いながら見ていました。

 別にグロいの好きじゃないんですが
 戦いのシーンではそれなりに入れてほしい描写ではある。
 (ただし二次元に限りる)

 原作を読んでいないので
 原作と違うところとか
 よく出来ているところが分からないので
 何とも言えませんが、
 グリフィスのちょっとした表情の変化とか
 細かく描かれている印象でした。

 いや、グリフィスかっこいいッス。

 舞台挨拶では、
 櫻井孝宏が監督に絶賛されて
 喜んでいたり
 三宅健太が三浦先生の希望でゾッドになったと聞いて
 テンションあがってたりとかして
 面白かったです。

 顔が大人っぽいのは
 原作者が『18巻以降の顔で』
 とリクエストしたからだそうです。

 30分ぐらいあったのに
 舞台挨拶の内容をほとんど覚えていないのは
 きっとアヴリルのライブで騒ぎ過ぎたせい…。

 キャスカの中の人は
 フォロワーが昨日1000人突破して
 『千人長になれました!』
 と喜んでいました。

 次は6月公開とのことですが
 続きものなので
 そのうちスカパーとかで
 
 『一挙放送☆』

 とかいうのをしてくれないかなと…。

 続けて見ないと
 内容忘れちゃうので…。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』 葵的道楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる