葵的道楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『テニプリフェスタ2013inびわ湖ホール 夜公演A』 

<<   作成日時 : 2013/09/17 15:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 イベント感想にコメ欄つけて
 『なんでそんなこと言うの?』系の
 コメきたら面倒だから外そうかと思ったんですが
 一応、つけときました。

 個人の感想に文句言われてもねぇ…
 
 私がいいと思ったものを
 いやだと思う人だっているでしょうしね。
 注意書きは1つ前の記事と一緒なので
 できればこちらを見る前に冒頭だけでも読んで欲しいんですが・・・

 再度・・・

 セトリはきちんと覚えてません。

 敬称略はいつもと一緒です。

 テンションがうざいのもいつも通りです。

 見方が偏っているのもいつも通りです。

 ネタばれも含みますので御了承下さい。

 武道館があることも、
 キャストがツイッターでできればネタばれやめてほしいと
 言っていることも知っていますが
 びわ湖ホール夜公演での出来ごとは
 あのときだけだと思っているのと
 武道館は武道館でまた違った見方をすると思うので
 あえてこの曲のここがよかった的なことを書きます。
 
上記のことが許せない方は
 華麗にスルーして頂ければと思います。


 琵琶湖映像が終わったら
 キャスト全員がジャージからフォーマルな装いになって
 共鳴というタイトルが流れました。

 1曲目は
 藤澤マサノリの新テニオープニング。

 全キャストがずっとステージにいて
 かわるがわるに歌いながら
 30曲ぐらいメドレー。

 懐かしい歌から
 新しい曲までありました。

 覚えてる曲もありますが
 あえて省略します。

 全部聞きたかった曲もいっぱい
 せめて1番だけでも…と思った曲ばかりですが
 どちらかというと
 歌われなかった曲のほうにショックを受けましたよね。

 あ、1つだけ
 U-17でWE LOVE TENIPURIの
 サビのところだけ歌うんですが

 ♪テニプリっていいな

 のところが

 ♪We are under17

 になってます!!!!

 歌のあとスタッフロールが流れて
 終了。

 え?

 ってなりました。

 あっという間に時間がすぎていった。

 アンコールは
 テニプっていこう
 ENJOY

 Wアンコは
 テニプリFEVER

 こちらは高校生も歌います。
 
 もう、アンコールの時は
 高校生組のキャスト若いのに
 池田さんだけベテランだから
 1人ぼっちだったらどうしようかと思っていたら
 中河内役のどうじょうさんが
 割と一緒にステージをまわっていて

 『おおお…』

 と安心しました。

 そしたら
 大和部長だから青学メンバーが固まってるとこにいったら
 甲斐田さんが池田さんにマイク向けてて
 どうじょうさんが一瞬一人になるっていうのを目撃してですね…

 『ああああ誰か!!』

 って思いました。

 なんでか
 びわ湖ホールでは
 初参加の高校生組が気になってしょうがなかったんですが
 みんな楽しそうだったし、
 コメント真面目でつっこまれてたりで
 よかったなと思いました。

 テニプリってもう出来あがってる部分があるから
 途中参加の高校生組は大変そうだなと思っていましたが
 高校生組は高校生組でステージをかけまわっていたので
 楽しかったです。

 青学も
 氷帝も
 立海も
 四天も
 比嘉も
 みんな楽しそうでしたけども!

 ただ立海は歌い足りなさそうでしたけども。
 
 ヤング漢なかったし。

 それいうならキャップと瓶がなくてショックだったし。

 アンコールだかで
 直純さんと樽さんが一緒に肩組んで歌ってるのをみて

 『ああああ!?

  そういや2人のデュエットなかったよね???』

 ってなりました。

 柳生と仁王のデュエットもなかったですけども。

 ラブフェも結局なかったし。

 ラブフェは歌って欲しかった…。
 せっかく振付もあるのにね。

 フェスタ自体は
 すごく楽しかったです。

 『やっぱりテニプリっていいなー

  フェスタは別格だなー』

 って思いました。

 構成も今までと違って
 歌う曲は少ないけど
 (1人1人が)
 ずっとステージ上にいてくれるのを見られるのは
 嬉しかったです。

 私自身は
 とっても楽しめたし、
 (高校生組がトップバッターなのには戸惑いましたが)
 新テニらしく学校の垣根を越えた感が
 共鳴の部分ではありました。

 まぁでもああいう演出なら
 別に青学はともかくとして
 氷帝、立海、四天、比嘉にこだわらないで
 いっそのこと負け組と勝ち組に分けて
 キャストよんでくれたらよかったのに…
 と思いました。

 いつもの学校以外を他校扱いでわけなくてもいいじゃん!
 ってなりました。

 ユニット曲は少なかったけど
 保志の『ぱっぴー』を久々に聞けたり
 忍足の『謙也なにしとんや』が聞けたり
 広樹の菊丸が相変わらずかわいかったり
 藤澤さんと英佑さんの肺活量対決のような声のばしも見ごたえ?聞きごたえ?あったし
 短くともソロ曲はソロ曲でやっぱりいいなと思いました。

 直純さんはさすがだわぁ…。

 

 週末は武道館です。
 武道館は昼夜両方です。

 人が増える分
 曲も変わる部分があるんじゃないかと思うので
 楽しみです。

 まだフェスタが終わっていないという
 現実がとても幸せです。

 きっと日曜日は抜け殻になっていることでしょう。

  
 終演後、U-17のマフラータオルを追加で買ってたら
 隣のお嬢さんも買ってて

 『だよね!高校生よかったよね!買いたくなるよね!!』

 って心の中で話しかけてました←

 どこか1校だけとか1人のキャラを熱烈に
 応援している人がみれば
 歌の量的に物足りなさがあったかもしれません。

 こういうとき、贔屓のキャラや学校はあっても
 全校好きだから
 全員にスポットライトがあたるのも
 嬉しいし、楽しいと思えるので
 テニプリそのものが本当に好きなんだなと
 実感します。

 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
『テニプリフェスタ2013inびわ湖ホール 夜公演A』  葵的道楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる