葵的道楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS こち亀40年お疲れ様でした。

<<   作成日時 : 2016/09/24 18:05   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

日暮の話がこち亀ジャンプにしか載ってないと知った時のさびしさたるや…

一応探したものの

『ですよねー今更見つかんないですよねー』

って諦めてたんですが、

昨日、香川のミニストップに何故かあって

画像


こち亀ジャンプゲットできました。

オーナーと書かれたネームプレートのおじさんとおじいちゃんの間のような方から

『これいつものジャンプじゃないよ?』

と言われ

『あ、はい。これが欲しかったので大丈夫です!』

って言ったら、
1回売り切れたのに、
また入ってきたと言ってました。

単行本も勧められましたが、
もう持ってるので…

最終回のオチは、
本誌掲載分よりも単行本の方が好きです。

こち亀ジャンプは、
日暮の最新話読みたさに探してましたが、
色んな漫画家さんのおすすめ話が載ってて、
目次が全部「こち亀」で埋まってて、

『いや、こち亀はこち亀だけどらどれだよ!!』

と混乱しました。
本誌だと作者コメントの部分が、
キャラのコメントになってて、
どの話についてコメントしてるのかが、
分からなくなって混乱しました。

両さんは昔から変わってないイメージあったんですが、
やっぱり絵柄変わってるもんですね。

初期とかは生まれてない…生まれてないので(大事なことなのでアピール)

『こんな絵だったんだー』

と新鮮でした。

もうね、

『生まれてないわー』

って言える機会がグンと減ってますからね。

ここぞとばかりに言います。

WJで他の漫画家さんによる両さんが掲載された時に、
切り取って保管しておこうか迷いましたが、
小さくともまとめて再掲載されてたから、
こち亀ジャンプ買ってよかった。

画像


鳥山明・作の両さん好きです。
鳥山明が描いたって見りゃ分かるのに、
ちゃんと両さんなんですよ(語彙力)

画像


空知版の両さんも嫌いじゃないです。

画像


荒木飛呂彦の中川から漂う、
ただならぬオーラよ…

横に描かれた麗子は、他にいなかったのか…

これ、金髪のヅラつけたナミじゃないの…?

2つ並べられると、
何とも言えない差があって、
これは尾田栄一郎、公開処刑だなぁと思いました。

同じ作品の美男美女枠なんですが…

いちご100%の作者の麻里愛が本人絵でもかわいかったから、
麗子も同じかそれ以上の美人枠なはずなのに…
となんか残念な気持ちに。

岸本斉史の大原部長は本人が描いたのかと一瞬思うくらい寄せてました。

こういうお祭り感楽しいです。

次号からこち亀載ってないとか、
まだ実感わかないけど、
週刊誌で40年間休載無しって凄いなと思います。

200巻とかそれだけで本棚埋まりそうですね。

個人的には両さんの子供の頃の話が好きでした。
うろ覚えですけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い
こち亀40年お疲れ様でした。 葵的道楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる